8.会員参加の運営

 ”全員参画型の会場”運営とは?”

「会場例会に参加していれば」

「会に入会していれば」

こんな方も沢山居られる様に思います。

 

 何故ですか?

参加しているだけでは仕事に繋がらない事を知らない方が多いように思います。どうしたら良いでしょうか?

 

 私は、一人でも多くの「担当」「役目」を持たせるべきだと思います。

 

 受付、会計、会場係り、案内係り、司会、テーブルリーダー、ブース担当、例会企画等、考えられる全てを、参加正会員に振るべきだと考えます。

 

 毎月、そのローテーションを換え、一人一人が参画している自覚を持たせることで有り、世話人だけで行うことでは無いと思います。

 

 福島会場は、世話人22人の他に、担当役員が20人います。

50人前後の会場でしたら、ほとんどが何らかの役目を持った運営に成ると思います。役目を持たされると、参加意欲も増し、会員拡大意欲も必ず増してくると信じます。

 

 リーダーシップの様に、世話人で決め行うことも楽ですし、良い事と思いますが、更に、みなさんに参画してもらう方法を考えるべきであり、これには又10倍もエネルギーを消費します。

 

 みなさんは”楽”を選びますか?大変でも、今までより更に苦労を選びますか?

 

 苦労された分だけ、努力された分だけ、貴方に必ず仕事は回ってきます。

 

←7.ダメ人間も仲間   9.欠席の理由→